こんにちは!
神奈川県横浜市を拠点に、新築工事、リフォーム、リノベーションなどを行っている株式会社miraizuです。


注文住宅には、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅と二つあることをご存じでしょうか?
大手住宅メーカーの手がける注文住宅の多くが、セミオーダー住宅です。
セミオーダー住宅でも、もちろんある程度まではお客様の要望を聞くのですが、それ以外の部分はメーカーからの提案のなかで選ぶことになります。

それに対して、お客様のご要望を全面的に叶えてくれるのが、フルオーダー住宅です。
文字通り、ゼロの状態からすべてをお客様の好みに合わせて建てることができます。

まさに夢のマイホームになるわけですが、フルオーダー住宅を建てるにはどうしたらいいのでしょうか?


準備段階にやることは?


まず住みたい家や住みたい街をイメージします。
何階建てなのか、間取りはどうするのか、二世帯住宅なのか、など具体的なイメージを固めていきます。

イメージができたら、次は資金計画です。
頭金や住宅ローンを検討するために、詳細な計画をたてましょう。

必要な費用は土地代と建物代だけと思ってしまいがちですが、電気・ガス・外構工事・地盤調査、上下水道工事などの費用もしっかりと計画に含めましょう。
不安があるならば、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することも一手です。

資金計画の次は、信頼できる施工業者を探します。
信頼できる施工業者を探すためには、労を惜しんではいけません。

いくつかの施工業者に当たり、しっかりと話を聞きます。
もちろん見積もりも重要ですが、それだけではなく設計や工法などの専門的なところもチェックします。

また保障やアフターフォローについても、必ず確認するようにします。
そしてここがポイントなのですが、いろいろな質問にも誠意をもって真摯に答えてくれる業者を選定しましょう。


施工スタートまでの流れ


土地を探して、敷地調査と地盤調査をします。
敷地の面積、形状の正確な数値を調べます。
そして、安全に住める土地なのかを判断するためにも、地盤の強弱や土地の高低差をしっかりと調査します。
この際に、電気・ガスなどのライフラインについても、チェックしておきます。


設計プランと本見積もりを出してもらうのですが、この段階でどんな家になるのか決まるため、ご家族全員の要望を余すことなく施工業者に伝えて、設計プランをたててもらいます。
けっして妥協することなく、お客様側が納得できる設計プランになるまで、じっくりと話し合いましょう。

設計プランと本見積もりが完成したら、信頼のできる施工業者と工事請負契約を結びます。この際に、工事請負契約書、工事請負契約締結所、見積書、設計図書という四つの書類が渡されます。
契約交付日までに内容をきちんと読んで不明点があれば、必ず確認するようにします。

また土地が決まり、設計プランが完成したら、住宅ローンの申請を行います。
注文住宅に関する住宅ローンはわかりづらいところがあるので、あらかじめ金融機関にご相談されることをおすすめします。

ここまでが施工スタートまでのおおまかな流れです。
段取りが多くて大変だと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなときこそ、専門業者を頼ってほしいものです。


新築工事やリフォーム、リノベーションなどのご用命は、更地の整備から新築工事までを一手に引き受ける株式会社miraizuまでご連絡ください。

お客様のご要望に、誠実に真摯に対応いたします。お問い合わせページより、お気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。